水で生活を豊かにするメディア

 >  > 【家庭の事情調査!】あなたの家庭の貯水はどれぐらい?

【家庭の事情調査!】あなたの家庭の貯水はどれぐらい?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【家庭の事情調査!】あなたの家庭の貯水はどれぐらい?

近年、地震大国である日本において異常気象が多発しており、いつどこで災害が起こるか分からない状態となっています。実際、ライフラインの復旧までに時間がかかることも少なくありません。人間が生活する上では、1日あたり約2.5Lの水の量が必要です。さらに最低3日分、可能であれば7日分は備蓄しておくのが理想的と言われています。つまり、4人家族の場合は、2.5×3×4=30Lが必要ということです。

 

そこで今回は、「家庭の事情調査!あなたの家庭の貯水はどれくらい?」とお尋ねして、家庭の貯水目安をチェックしました。ぜひ、ご自身の家庭での貯水量と比較しながら、ご覧ください。

 

 

【質問】貯水はどれぐらいしていますか?

 貯水はどれぐらいしていますか?

【回答数】

1位:していない 35%

2位:~5L 19%

3位:~10L 18%

3位:~30L 18%

4位:1L 5%

4位:それ以上 5%

 

 

1位は「していない」・・・でも心配?

賃貸マンションで水を置く場所がないので、特にしていません。(埼玉県/28歳女性)

 

取水制限になったこともなく、水を貯めるという事が感覚的にわからない。(静岡県/36歳女性)

 

貯水は特にしていないので心配になることもあります。災害時には危機感を感じるかもしれません。(岐阜県/43歳女性)

 

 

「していない」と回答された方の中でも、全く気にしていない方と、災害時のことを思うと不安になるといった方に分かれます。またスペースの問題で貯水ができないという意見も多く見られ、一般家庭での貯水の難しさが表れています。

 

 

2位は「〜5L」持ち運べる適量を!

以前買った防災用グッズの中に大きめのペットボトルが数本入っています。(福岡県/29歳女性)

 

防災袋に飲料用の水が入れてある。お風呂に残り湯がある時もあるが、貯水目的というわけではない。(栃木県/42歳女性)

 

何かあったら、当面の飲料水は確保したいから。それ以上だと重くて持ち歩けない。(群馬県/39歳女性)

 

 

ゼロでは不安という方や、持ち運ぶことを想定している方などが、5Lの貯水を実行しています。5Lといえば、2Lペットボトル2〜3本です。持ち運ぶには便利な量ではありますが、家族全員の飲料水を補うにはやや心もとないと言えるかもしれません。

 

 

3位は「〜10L」「~30L」備えあれば憂いなし!

「~10L」を選択された方

 

過去に大震災が近隣の県で起きた際に、貯め水の重要性を知ってから常時、10Lは水を備えるようにしています。(宮崎県/41歳女性)

 

災害に備えて、3日分の飲水用ペットボトルを買って保存しています。(三重県/31歳女性)

 

災害など緊急時に必要だと思うから、無理なく保存できて管理しやすい量を貯水しています。(静岡県/37歳女性)

 

「~30L」を選択された方

 

過去に大震災が近隣の県で起きた際に、貯め水の重要性を知ってから常時、10Lは水を備えるようにしています。(宮崎県/41歳女性)

 

冷蔵庫には2リットルのペットボトルを2,3本。倉庫に箱で数箱は常備しています。(茨城県/49歳女性)

 

日本は地震や災害が多いのでもしもの時に備えてある(東京都/27歳女性)

 

東日本大震災でしばらく断水となった時、生活用水でとても苦労したので、風呂水は洗濯に使うほか、貯水しておきます。(宮城県/45歳女性)

 

 

実際に震災や災害による水不足に遭遇した経験がある方や、災害に対する意識が高い方は貯水量も多めです。また断水になった際には、飲み水・生活用水どちらも必要になることを考えておく必要があると言えるでしょう。

 

 

賢く貯水して、安心安全な生活を

災害に備えるという意味で、貯水は必須です。しかし、スペースの関係や管理の大変さなどから家族全員の7日分の水を確保し続けるのは、そう簡単なことではありません。特にペットボトルを使って貯水をする場合、かさばるだけでなく賞味期限の問題もあります。最初はやっていたものの面倒になり、やめてしまったという声もありました。

 

そこで、より手軽に楽に貯水をしたいという方に特におすすめしたいのが、ウォーターサーバーの利用です。ウォーターサーバーは、ボトルを備蓄水として置いておくだけで自然と貯水ができるため、ペットボトルでの貯水のような手間もかかりません。また、水は毎日使用するものですから、自然とローリングストックも可能になるのです。

 

実際に被災し、断水を経験してから貯水を意識し始めたという方も多いですが、日本で暮らしている限り、いつ誰が災害の当事者となり、水不足に悩むことになるかは分かりません。だからこそ、自然と貯水ができるウォーターサーバーは重宝します。

 

また、ウォーターサーバーのメリットは、災害対策だけでなく、日常の飲料水としても役立つ点です。貯水と日常生活の便利さを両立させる仕組みとも言えますので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

なお、現在ウォーターサーバーをご検討中に方は、【かならずもらえるキャンペーン2017冬】を行っておりますので、是非下記バナーより詳細をご覧ください。導入に関するご質問もお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

かならずもらえるキャンペーン2017

Relation関連記事

【年代別調査】自宅で飲む水は何を飲んでいますか?

【年代別調査】自宅で飲む水は何を飲んでいますか?

欠かせない飲み物は何?自宅にストックしてある飲み物のアンケート

欠かせない飲み物は何?自宅にストックしてある飲み物のアンケート

コスパ重視!自宅で作る氷はどの水で作ってる?

コスパ重視!自宅で作る氷はどの水で作ってる?

そうめんにどんなお水を使っていますか?こだわりを徹底調査!

そうめんにどんなお水を使っていますか?こだわりを徹底調査!

クムノム公式 twitter

クムノム公式 facebook

 

Rankingランキング

【災害でガスや電気が止まった場合】外でお湯をつくる方法まとめ~5選~

【災害でガスや電気が止まった場合】外でお湯をつくる方法まとめ~5選~

地震などの大きな災害でガスや電気が止まってしまった! それでも、赤ちゃんに粉ミルクを作ってあげなくてはならなかったり、どうしてもお湯が必要!という場面は出てきます。 今回は、ガスや電気が止まった時にお...

芸能人・モデルのinstagram『#チアシード』が大人気!

芸能人・モデルのinstagram『#チアシード』が大人気!

芸能人のマイ・チアシード ローラ チアシード、レモン、はちみつ、バジルで手作り♪ 小嶋陽菜 goodjuiceの「yellow」を購入 http://www.goodjuice.jp/ GENKING...

二日酔いにおすすめ!「ハチミツ水」の作り方

二日酔いにおすすめ!「ハチミツ水」の作り方

二日酔いでつらい朝も、仕事・家事は待ってくれない! 忘年会にお正月、新年会とお酒を飲む機会の続くこの季節、二日酔いに悩まされている方も多いのではないでしょうか? 頭痛に吐き気、今日はこのまま寝ていたい...

白湯はただのお湯じゃない!?白湯(さゆ)の正しい飲み方・作り方

白湯はただのお湯じゃない!?白湯(さゆ)の正しい飲み方・作り方

美容・健康効果が期待できる白湯(さゆ) 白湯は、平たくいえばお湯のことです。正確には「沸騰したお湯を飲料可能なまでに冷ましたもの」で「湯冷まし」と呼ばれることもあります。古来、薬は白湯と飲むようにとさ...

お湯を注ぐだけ!スーパーフード「クコの実(ゴジベリー)」のお茶で疲労回復

お湯を注ぐだけ!スーパーフード「クコの実(ゴジベリー)」のお茶で疲労回復

今話題のクコの実(ゴジベリー)って? 美容・健康愛好家の間で話題にのぼる「スーパーフード」をご存じでしょうか? 美容に良いとされ、最近注目を集めている、チアシード、ココナッツ、アサイーなどがスーパーフ...

Recommendおすすめ

赤ちゃんの「湯冷まし」は何に気をつけたらいいの?

赤ちゃんの「湯冷まし」は何に気をつけたらいいの?

喉が渇いたときって、さっぱりした飲み物をゴクゴクと飲みたくなりますよね!実は、あま~い香りをさせる母乳やミルクばかり飲んでいる赤ちゃんも同じです。そんなときに役立つのが、昔から使われてきた「湯冷まし」...

英国で開発された持ち運べる水「Ooho!」がすごい!

英国で開発された持ち運べる水「Ooho!」がすごい!

液体?個体?持ち運べる水とは? 透き通る水の玉。触ってみるとプヨプヨしていて、「おもちゃ?」と思ってしまいますが、これはれっきとした飲料水です。 名前は「Ooho!(オウホウ)」。ロンドンの「ロイヤル...

尿路結石症とは?ウォーターサーバーでペットの健康を守ろう

尿路結石症とは?ウォーターサーバーでペットの健康を守ろう

犬や猫がかかる泌尿器系の病気として、尿路結石症があります。人間でも同じ名前の病気がありますから、どんな病気かなんとなく想像できる人も少なくないでしょう。今回は、そんなペットの尿路結石症と水との関係につ...

簡単!美味しい!一晩つけおきで作る本格和風だしの作り方

簡単!美味しい!一晩つけおきで作る本格和風だしの作り方

世界的にも健康的だと認識されている和食に欠かせないのが「だし」ですが、だしをとるのは面倒だと考える人は案外多いかもしれません。しかし、一晩置いておくだけで美味しいだしがとれる方法があります。簡単ならや...

体の乾きをセンサーが教えてくれる!話題の「Ulla(ウーラ)」をご存知ですか?

体の乾きをセンサーが教えてくれる!話題の「Ulla(ウーラ)」をご存知ですか?

出典:+Style こまめに水分を摂ることが体に良いということは分かっていても、仕事などに集中しているとつい飲むタイミングを忘れてしまうという人も多いのではないでしょうか。ここでは、水分補給のタイミン...

お水が欲しいと傾いてサインを出す植木鉢がかわいい!

お水が欲しいと傾いてサインを出す植木鉢がかわいい!

出典:Studio Lorier 水やりのタイミングが一目でわかる!不思議な植木鉢 室内に緑のある暮らしは心を落ち着かせるものです。しかし、意外と難しい観葉植物の管理。とくに冬場は乾燥や根腐れに注意し...

ドリンクボトルやスピーカー、ランタンにもなる!?『ランタンスピーカーボトル』が欲しい!

ドリンクボトルやスピーカー、ランタンにもなる!?『ランタンスピーカーボトル』が欲しい!

出典:Makuake 「ランタンスピーカーボトル」とは? ランタンスピーカーボトルとは、多機能ランタンスピーカーのことです。なんとスピーカー兼ランタン兼バッテリー兼ボトルというスグレモノ!「鳴って光っ...

水を飲んでもすぐに喉が渇く...病気?それとも?

水を飲んでもすぐに喉が渇く...病気?それとも?

「水分を取っているのに、すぐに喉が渇く…。もしかして、何かの病気!?」 そんな風に心配になったことはありませんか? たしかに、糖尿病がある場合など、水を飲んでもすぐに喉が渇くという症状もありますが、水...

美味しい「お湯割り」の作り方!寒い日でも体がぽっと温まる

美味しい「お湯割り」の作り方!寒い日でも体がぽっと温まる

永遠のテーマお湯が先?焼酎が先? 寒い日にはアルコールが体を温めてくれます。なかでも焼酎は女性にも人気です。焼酎のお湯割りは体の芯から温まるものです。水割りやロックでも美味しく飲めるものですが、美味し...

「電気ケトル」「電気ポット」「やかん」「ウォーターサーバー」のお湯を沸かすコストは?

「電気ケトル」「電気ポット」「やかん」「ウォーターサーバー」のお湯を沸かすコストは?

お湯をわかすコストどれが一番節約出来る? 日常生活をしていくなかで、電気や水道、ガスは欠かせないものです。使えば費用もかかるものですが、できれば電気代や水道代、ガス代などは節約をしたいものです。誰だっ...

朝食トーストを美味しくする「裏ワザ」! 乾燥したパンには水を吹きかけて!

朝食トーストを美味しくする「裏ワザ」! 乾燥したパンには水を吹きかけて!

パンをふわふわのまま保存するって難しい… 買ったばかりはふわふわのパンでも、日にちが経つと乾燥してふわふわした触感もなくなり、固くなってしまうものです。やわらかくてふわふわしたパンを食べたいと思っても...

もしも、家が浸水してしまったら…!?掃除方法を教えます!

もしも、家が浸水してしまったら…!?掃除方法を教えます!

台風や大雨による水害が頻発している昨今、浸水はもはや他人事ではありません。 事前に土のうなどで浸水を防ぐことが大切ですが、防ぎきれずに浸水してしまった場合、どのようにして復旧作業を進めていけば良いので...

お湯につけて作る!「おゆまる」で簡単にアクセやケーブルのプロテクターが作れちゃう♪

お湯につけて作る!「おゆまる」で簡単にアクセやケーブルのプロテクターが作れちゃう♪

いま、手作りやDIYが好きな人たちの間で人気を集めているのが写真の「おゆまる」。 お湯につけると柔らかくなり、好きな形を作ることができて、冷えるとゴムのような固さになります。 失敗してもまたお湯につけ...

暑い日に美味しいご飯を炊くには“冷蔵庫で2時間放置”すべし!~冷たい水がコツ~

暑い日に美味しいご飯を炊くには“冷蔵庫で2時間放置”すべし!~冷たい水がコツ~

美味しいお米の炊き方【基礎編】 出典:iemo 日頃ご飯を炊いている人も多いでしょうが、せっかくですからおいしいご飯を食べたいものです。その場合には、まず米は正確に計量カップで量ること、水加減について...

【夏バテを軽減できる“水分補給方法”】 水だけ飲んでもダメ!

【夏バテを軽減できる“水分補給方法”】 水だけ飲んでもダメ!

夏は疲れを残すと熱中症や脱水症状の危険が 夏バテとよくいわれますが、酷暑が続くとどうしても体が疲れやすくなります。高温多湿の日本の夏場は汗をかいてもうまく蒸発させられません。このため、体内の熱をうまく...